ピアノの処分となると、引き取られたピアノがどこでどうやって処分されていくか気になりますよね?長い間、家にあったピアノならば余計にその末路が気になります。

きっと、引き取られたら修理されてどこかに売られているに違いない‥新しい主人の元で、息を吹き返しているに違いない‥そう願いたい‥と思っていませんか?そこで、ピアノ買い取り業者では引き取ったピアノがどうやって修理をしているのかライブカメラでいつでも見られるというサービスをやっているところもあります。

そのライブカメラは、スマホだと見れない場合もありますが、パソコンならば見れるようになっています。

実際に工事で、こうやって修理されているんだというのが分かれば安心して処分を依頼できます。

こういったライブカメラは、大手のピアノの引き取り業者がやっている可能性が高いです。

ライブカメラを設置して、それをホームページに流すには資金がないとできないからです。

また、カメラを意識して工事を清潔に保たなければいけませんし、従業員の身なりにも気を使わなければいけません。

そういった細かいところまで気を使えるのは、大手で従業員が確保できる会社じゃないとできません。

衣類や家具の買い取り処分では、こういったライブカメラがあるという会社を私は聞いた事がありません。

また、大きなお金が動く車の買い取り処分でも聞いた事がありません。

ピアノの処分だけがライブカメラがあるというのを聞いた事があります。

なぜライブカメラをつける必要があるかは、正解の理由が分かりません。

しかし私なりに推測すると、より買い取りをしやすくするためだと思います。

大切にしていたピアノや、親から引き継いだピアノを身元がよく分からない営業マンに渡すなんて、あんまり気持ちいい感じがしません。

衣類に比べてそのピアノの歴史は古い場合がかなりあります。

そのため、ライブカメラで引き取った後を撮す事で安心して処分ができるためだと思います。